プティフール

f0015360_22322393.jpg

最近、コーヒーやエスプレッソとともにおだししてます。

ヴェネツィアで有名な北イタリアはヴェネト州の郷土菓子「ザレッティ」です。

とうもろこしの粉を混ぜてつくってまして
日本のせんべいのように固く、
香ばしさとざらざらとした触感がクセになるお菓子です。

イタリアではあまりの美味しさに
「泣く子も黙るザレッティ」といわれているそうです。

食後にアマレットやグラッパに浸して食べても美味しいかもしれません。
[PR]

# by il-cuore | 2006-02-02 22:45 | 料理 | Comments(0)

北海道産ズワイガニのスフォルマート アサリのジュと冬野菜のスープ仕立て

f0015360_22172591.jpg

イタリア版茶碗蒸しとでもいいましょうか。

「スフォルマート」ととは型にはめてオーブン焼きにしたものをいいます。

和食において茶碗蒸しはダシ汁を全卵で固めますが、

生クリームに卵白のみを使いフワフワの触感に仕上げてます。

ダシはいれません。

かけます。

アサリのジュ(ダシ汁)に冬野菜の優しい甘味を加えてお出ししてます。

日本もイタリアも
国は違えど同じようなことをしているんですから面白いですよね。
[PR]

# by il-cuore | 2006-02-02 22:27 | 料理 | Comments(0)

鴨の自家製サルシッチャ レンズ豆の煮込み添え

f0015360_09360.jpg

サルシッチャはイタリアでソーセージのことです。
地方によって使用する肉、その部位、ハーブ、スパイスは多種多様です。

余った内臓や肉を腸詰にして
まるまる一頭あますとこなく食べようと考えた昔の人はすごいですよね。

今回イルクオーレでは鴨で作りました。
ちょっとアクセントに豚足をいれてコリコリ感をたしてます。

化学調味料、発色剤,保存料、結着剤は使ってませんので
焼き上がりは灰色ですし、皮もパキっと音がするほど弾力はありません。
優しい味がしますよ。
[PR]

# by il-cuore | 2006-01-27 03:34 | 料理 | Comments(0)

浅野さんの有機野菜のソテー 天火塩でシンプルに

f0015360_322785.jpg

イタリアンの調理法は野菜の旨味や甘味を引き出すのに長けています

この料理、強火で熱したフライパンで「水分を抜くように」焼きます

味付けはオリーブオイルと塩 のみ

シンプルなだけに素材の持ち味と料理人の腕がでますので
火の通し加減、塩やオイルの量にはかなり気を使ってます

今月お出ししてる浅野さんの野菜は
黄金カブ、トレヴィーゾ、ちぢみほうれん草、青大根、ちぢみほうれん草、ミラノ大根です

表面がちょっと焦げ付くくらいに焼かれた野菜は
キレイにアクがぬけて驚くほどの甘味と旨味がでてきます

中でも
トレヴィーゾは焼きナスのようなねっとり感の中に独特の甘味と苦味があり
ちぢみほうれん草はとうもろこしのような甘味がでてきて美味です
[PR]

# by il-cuore | 2006-01-17 03:17 | 料理 | Comments(0)

お店情報


Lunch 11:30~14:00(ラストオーダー)
Dinner 18:00~22:00(ラストオーダー)
定休日:水曜
TEL・FAX 022-221-6171
住所:仙台市青葉区一番町1-15-7

地図(Yahoo)

わかりにくいといわれますが、
光源社さんの向かいの通りを南にはいったところにあります。
旧支倉ハンバーグの隣です。
国分町通りをずっと南にいって東北大学の片平キャンパスにぶつかるちょっと手前です。

Adobe社のFlash Playerが必要になります。 Adobe社ウェブサイトから最新のFlash Player(無料)をダウンロードし、インストールしてください。
Adobe Flash Player のダウンロード
*インストールされていても正常に表示されない場合は最新版をダウンロードしてください。
[PR]

# by il-cuore | 2005-12-30 14:21 | お店情報 | Comments(2)

はじめまして

本日から「イル・クオーレ」ブログ開始です
稚拙な文章ながらも頑張りますので宜しくお願いします
[PR]

# by il-cuore | 2005-12-07 01:39 | Comments(1)