アワオドリ?!

阿波踊りではありません。
徳島産阿波尾鶏のことです。

f0015360_21483361.jpg


「阿波尾鶏ムネ肉のスカロッピーネ」です。

叩いて薄くのばしたムネ肉をソテーしてお出しするお料理です。
ソテーしたムネ肉に白ワイン、レモン汁、仔牛の骨からとったダシなどを
合わせたソースをかけます。

スカロッピーネはイタリアのローマ地方の代表的なお料理。

つけ合せは春を思わせる「菜花」です。
千葉の生産者から届きました。

それにしても日本には多くの種類の鶏がいますよね・・・。
[PR]

by il-cuore | 2007-01-29 22:35 | Comments(4)

熊?!猪?!

熊か?!猪か?!

f0015360_19285530.jpg


自家製サルシッチャ作りました!
右の色の濃い方が「熊の肉」、左が「猪の肉」のサルシッチャです。
写真は、搾り出したばかりのサルシッチャ。
火を通すとほとんど同じ色になりますが・・・・・、
お味の方は、食べ比べるとやっぱり違うんです、確かに・・・。

お店ではそれぞれ一本ずつ盛り合わせとしてお出ししております。

ぜひぜひ、ご賞味いただきたい一品です。
[PR]

by il-cuore | 2007-01-25 23:46 | Comments(0)

イタリア郷土菓子クッキー盛り合わせ ¥600

f0015360_1934129.jpg

左から時計周りに 
カントッチョ
 ビスケットの原型とも云われるアーモンドの香り高いお菓子。
 
ザレッティ(ヴェネト州) 
 干し葡萄とトウモロコシ粉をつかったザラザラした食感が特徴。
 
バーチ・ディ・ダーマ(ピエモンテ州) 
 貴婦人のキスと呼ばれるお菓子。チョコレートを挟んでいます
 貴婦人、ちょっと唇厚すぎです。。。。
アマレッティ(ピエモンテ州) 
 日本ではマカロンとの名で知られるアマレットの入ったビスケット

そして真ん中が
バイコリ・ヴェネツィアーニ(ヴェネト州)
 バイコリとはスズキのことです。 
 焼いたときに形が魚のようにみえることからこの名がついてます。
 (写真では切った断面ですが)
最もシンプルで最も高貴な菓子といわれてます。

カントッチョとザレッティはかなり固いです
やわらかくて美味しい という表現がよくありますが
これは固くて美味しいんです!
アゴが丈夫になりそうです

どれもこれも
日本でいうおばあちゃんの手焼き煎餅のような
ボリボリ、ガリガリと素朴で懐かしい味わい。

いろいろ作りましたが
いったん食べだすとやめらないとまらない美味しさです
なのでちょっと私が食べてしまい減ってしまいました。。。

イタリアでは食後に
ヴィンサント(デザートワイン)やアマレット(アンズのリキュール)、エスプレッソに浸して
食べます

昔より人から人へと大切に伝え守ってきた郷土菓子
是非、お試し下さい
[PR]

by il-cuore | 2007-01-21 20:26 | 料理 | Comments(2)

さわら!

こんばんわ。
今日はメインのお魚!

↓「さわらの皮目パリッと焼き 焦がしバターのソース」です。

f0015360_22021.jpg


こちら、さわらをシンプルに塩焼きしたものにバター、アンチョビ、レモン汁、ケッパー
を合わせたソースをおかけします。
とても香ばしい香りが食欲をそそります。

一緒に添えてあるのは、宮城産の「ちぢみホウレン草」と「かぶ」。
このちぢみホウレン草、甘みがあって根の部分まですべて食べられます。
私の最近の一番のヒット!宮城産野菜です・・・・・。

ぜひぜひ、みなさまにもこのおいしいさわらとホウレン草を召し上がって
いただきたい!!!です・・・・・。
[PR]

by il-cuore | 2007-01-18 22:15 | Comments(0)

1月、2月のコースは・・・。


平日(月・火・木)限定!2,500円コース

です。

本日より始めます。

1月、2月のみとさせていただきます。

内容は、
   おまかせ前菜の盛り合わせ
            +
    お好きなパスタ2種類
       (リゾットは除く・・・・・)
            +
   おまかせお魚 又は お肉
    (お魚かお肉かお選びいただけます)
            +
      おまかせドルチェ
            +
      コーヒー又は紅茶

となります。尚、二名様からとさせていただきます。
こちらのコースはラストオーダー21:00となります。

通常の「おまかせコース(¥3,500~要予約)」と「アラカルトメニュー」も
もちろん、ご用意いたしております。

今後も多くのお客様にイルクオーレのお料理を
召し上がっていただきたいと思います。
[PR]

by il-cuore | 2007-01-15 18:42 | Comments(2)

ババ

ナポリの郷土菓子”ババ”
f0015360_20532071.jpg

ババ? 変な名前ですが

由来は18世紀まで遡ります。
王様が飲み足りないとケーキにラム酒をかけて食べたのが始まりだそうです。
その王様が好きだった千夜一夜物語のアリババからとって名づけ、
現在ではババというようになったそうです。

ナポリではイーストをいれ醗酵させ焼いた生地に
ラム酒をいれたシロップをひたひたになるまでしみこませ
生クリームを付けて食べます
ラムが香るしっとりとした生地は大人の味です

素朴でどこかしら懐かしいと感じる郷土菓子
大泉君オススメの一品です
[PR]

by il-cuore | 2007-01-14 21:02 | 料理 | Comments(0)

ラクリマ・ディ・モッロ・ディ・ダルバ

「涙」という名のワイン
f0015360_1712330.jpg

イタリア語でラクリマとは涙を意味します。

名前の由来は
収穫時期になると葡萄の皮が破裂して果汁が流れ出します。
すると大急ぎで収穫が始まります。
その果汁が流れ出す様が涙を流しているように見えることから
この名がついたそうです。

もともと見向きも去れない混醸用の補助品種でしたが、
生産者の努力の甲斐あって価値とポテンシャルが国内外より認められ、
マルケ州を代表する品種になりました。

なんといってもこのワインの特徴は香り

薔薇の花びらを飲んでいるかのようと喩えられるほど
うっとりするようなアロマがあります。

是非、涙をお飲みになってみてください。
[PR]

by il-cuore | 2007-01-14 17:16 | ワイン | Comments(0)

今年お初です。

こんばんわ。
今年最初のお料理の紹介です!

f0015360_2028585.jpg


こちら、前菜の「北海活真ツブとセリのサラダ」です。
少しわかりづらいのですが、上には「カラスミ」をかけて
お出ししています。

ツブの磯の香りと特徴のあるセリの香りが絶妙にあう一品です!
冬の海で採れた貝類も美味しいですよね。
ぜひ、食べていただきたいです。

また、今年もお料理の写真を皆様に紹介できたらって思います。

今年の目標です・・・・、はい・・・。
[PR]

by il-cuore | 2007-01-11 20:29 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願いします

          イルクオーレスタッフ一同
[PR]

by il-cuore | 2007-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)