「ほっ」と。キャンペーン

一周年記念

おかげさまで来る8月5日をもちまして、開店より一周年を迎えます。

感謝感謝。

そこで8月4~6日の間

イタリア各州の郷土料理を盛り込んだ一周年コースご用意致しました。
夏なのであまりおもくない中部、南イタリアの郷土料理を主体としております。
一周年コースをご注文して頂いたお客様にはグラススプマンテサービスいたします!

お一人様 ¥4200 全9品(お魚、お肉料理が両方ついてお得です)

Antipasto
 パルマ産生ハムとブラータ (プーリア)
 コッパ アッラ ロマーナ (ラッツィオ)
 カジキマグロの温製カルパッチョ(シチリア)

Primi Piatto 
 自家製ピチのラグーソース(トスカーナ)
 リゾット アッラ ピロータ(ロンバルディア)

Second Piatto
 鮮魚のグリエ メディティラーナ (リグーリア)
 仔羊の軽い煮込み(カラブリア)

Dolce 
 甘い牛乳のニョッキ (マルケ)

花火・七夕を見に行く前に、後に寄ってください。
お待ちしてます!
[PR]

by il-cuore | 2006-07-30 18:12 | お知らせ | Comments(2)

えごま豚入りました!

今日より、メインのお肉メニューに「宮城産えごま豚のグリエ」が!!

ここで、えごま豚とは・・・。
↓↓↓↓↓↓↓

「ミヤギノクロスとデュロックを掛け合わせた三元交雑種に色麻町でつくられたえごまを特別な配合比でブレンドした餌を食べさせることで油の質を良くした豚です。
 えごまに含まれるα-リノレン酸によって豚の肉質、脂質、香り、軟らかさ、食味、共に絶妙な仕上がりとなります。」

シンプルに塩、胡椒でグリエでも美味しいんですが
夏らしく青トウガラシを刻んでぬって焼き上げます。
青トオガラシの辛味と香りが豚の脂をあっさりとしてくれます。
f0015360_21313717.jpg


夏は豚肉で疲労回復!!

ぜひ、えごま豚を食べにきてください!
[PR]

by il-cuore | 2006-07-27 21:09 | その他 | Comments(2)

本日のイチオシ!

今日は久々に料理の写真を載せてみました。

f0015360_19274216.jpg


本日のイチオシ 「イル・クオーレ特製 お肉の冷菜5種盛り合わせ」 です。 
左手前から 

前回ブログにも載せた
☆ファルソマグロ☆
過去フランスに支配されていた時に伝わった技法です。

時計回りに
☆パルマ産生ハム☆

☆フォワグラのテリーヌ☆     
オーブンで湯煎して作ったものです。中心の温度が40~50℃のとき にあげて、とろっと仕上げています。

☆蔵王土鶏レバーのパテ☆    
前に一度これの白レバーバージョンを作り大変好評でしたが・・今年は白レバーができずらく、8月以降になりそうです。

最後に
☆豚足の自家製コッパ☆     
コッパとは一言で言うと豚のいろいろな部分の煮凝りで、ラツィオ州はローマの郷土料理です。今回は多少アレンジして豚は豚足のみを使い、野菜を入れて歯ごたえを出してみました。

どれも、ワインとの愛称はバッチリ!?だと思うのですがいかがですか?



 
[PR]

by il-cuore | 2006-07-24 20:20 | 料理 | Comments(2)

これは???

こんにちは。仙台は雨です・・・・・。
さて、今日は少し変わったお料理を・・・・。

f0015360_1624115.jpg


これは、「ファルソマグロ」という料理。
シチリアで有名な料理で、実際シチリアでは牛を使うそうなのですが。
(地域によって違うようです・・・)

今回イルクオーレで作った物は、中の詰め物は馬の肉。
包んでいるのは黄色ズッキーニ。

火を通して、さらにトマトで煮込んでみました。

今日で最終日のシチリアコースでもちろんお出しします。
[PR]

by il-cuore | 2006-07-24 16:30 | その他 | Comments(2)

花ズッキーニです!

f0015360_20144532.jpg


こちら、花ズッキーニです。
シェフの実家の家庭菜園で収穫されました。

花が咲いて詰め物ができるぐらいの大きさになった時にすぐ収穫しないと、翌日には花が落ちてしまうそうです。

収穫するタイミングがとても難しい!!
そんな花ズッキーニはとてもおいしい!

モッツアレラチーズをズッキーニの中に詰めてフリットして、お出ししています!

ぜひ、一度召し上がっていただきたい一品です!
[PR]

by il-cuore | 2006-07-20 20:31 | Comments(0)

パーティプランのご案内

お料理+飲み放題(90分)でお一人様¥4500のコースとなります。

お料理は大皿でご人数にあわせてお出しいたします。
お料理¥3,000、飲み放題¥1,500となっておりますが、
ご予算に応じてお料理をプラスすることもできます。


前菜  大皿で2種類
 前菜盛り合わせ5~6種
 イタリア産ハムと有機野菜のハーブサラダ

パスタ 大皿で2種類
 モルタデッラハムと玉ねぎのトマトクリームスパゲティ
 しらすと水菜のフレッシュトマトソース スパゲティ

メイン 大皿で1種類
いわい鶏のグリエ 

ドルチェ お一人様ずつ
レモンのジェラート

*6名様から承ります。 
[PR]

by il-cuore | 2006-07-20 19:28 | パーティプランのご案内 | Comments(0)

千葉からの野菜たち

今日は千葉の生産者さん達からの珍しい野菜たちを紹介します。 

f0015360_23115862.jpg


手前から時計回りに「赤オクラ」「ティンカーベル」「シチリアナス」です。

赤オクラは火を通すと赤くなくなってしまうので、細く切ってさっとパスタと合わせるか、サラダに。

ティンカーベルは中指の第一間接ぐらいの大きさのピーマンです。種もへたも気にせず食べられます。ただし、生食ですとえぐみがあるので火を通して使います。
 
シチリアナスは皮が薄く身のしまったナスで素揚げ等にgood。

いずれも少量ですので食べてみたい方は要問い合わせです。
[PR]

by il-cuore | 2006-07-17 23:31 | その他 | Comments(0)

山形に行ってきました。part4

すっかり延び延びになってしまいました。
今日は山形で出会った動物たちを紹介します↓

f0015360_22455537.jpg
羽黒のひつじです。かなり人気があるらしく、いろいろなレストランで使われているそうです。

うちのシェフも「使いたい・・・・・。」と一言。








f0015360_22483512.jpg

ホルスタインです。かなり大きくてびっくりしました。
生産者の方がかなり丁寧に飼育しているそうです。

牛の目が少し悲しげだったのが・・・・、印象に残っています。

この日の夕食は「アルケッチャーノ」でおいしいご飯を食べてきました。
山形でその日に見学してきた食材が使われていて、私の印象は
「やさしい味」・・・・・。

お任せコースを頼んだのですが、お腹いっぱい!でも食べられるぞ!って感じでした。
一番感動したのは「月山筍」です!

こうして終わった日帰り山形の小旅行はあっというまでした。

また、こうして生産地にいって生産者や食材に出会う旅に行きたいなあ、と
思いつつ・・・・。

追伸:今、山形の井上農場で購入してきた「はえぬき米」のリゾットがお店で
    食べられます!
[PR]

by il-cuore | 2006-07-13 23:06 | Comments(2)

山形に行ってきました。part3

f0015360_16351861.jpg

今日は、山形で見学した「井上農場」についてお伝えします。
※写真に映っているのはイルクオーレの大泉君です。
決して生産者ではありません・・・・・。(笑)





井上さんは現在、「消費者の生の声を聞きたい」という思いから直接注文を受けて
生産した農作物を出荷しています。

生産しているのは、お米、トマト、枝豆、小松菜、ジャガイモなどなどいろいろな
お野菜を田んぼとハウスで丁寧に育てているのです。

私たちもトマトのハウスに入らせてもらい食べさせてもらいました。
とてもおいしい味、しっかりしたトマトで普段食べていたトマトとは違っていたような。

お店には「はえぬき米」を一袋購入してきました。
この「はえぬき米」は地元のレストランでも使われているそうです。

イルクオーレで、リゾットをご注文いただいたら、このはえぬき米に出会えるかも
しれませんね。

f0015360_16313967.jpg

[PR]

by il-cuore | 2006-07-09 16:32 | Comments(0)

山形に行ってきました。part2

山形で出会った山澤清さん(ハーブ研究所スパール)について
皆さんにお伝えします。

山澤清さんは国内のハーブ研究の草分け的存在。
20年以上も前に無農薬に着目し、ハーブを栽培し、アトピーの子供たちが使っても安心な石鹸、化粧品、ホルモン剤を投与せず、無農薬ハーブを食べて育った食用鳩(奥田氏のアルケッチャーノにも出荷されています)などの研究を繰り返してきた方です。

今も新しい研究に取り組んでいて、「自然と共存する」とは、山澤さんのような試みを繰り返すことなんだなあと感じました。

山澤さんは、「料理人は技なんてすぐに吸収できる。大切なのは本当に、『旬』な食材(その食材が自然の中で本当においしい時期のことで、現在は本当の旬はわからなくなっているともお話していました)をどう調理し、お客様に楽しんでもらうかだ」と話してくれました。

今は、どの季節でも大抵の野菜は手に入り、それが当たり前になっています。
そんな感覚を山澤さんの話を聞いて、考え直すとともに、料理するって奥が深いなあと実感・・・・。とくにお店でお客様に喜んでもらうために料理することって・・・・・・・・、う~~~ん?と首をかしげながら、スパールを離れたのです。

また、山澤さんにお会いして、もっといろいろな話を伺いたいです!!
[PR]

by il-cuore | 2006-07-06 23:48 | その他 | Comments(0)